本文へスキップ
新宿区にある医療過誤事件を扱う法律事務所  四谷三丁目駅から徒歩2分  羽賀千栄子法律事務所
クリニック名称
医療過誤・医療事故・医療ミス
羽賀千栄子法律事務所
新宿区左門町13番地1
四谷弁護士ビル408号室
電話 03-3225-7478
お問い合わせは

電話:03-3225-7478

までお気軽にご連絡ください。
当事務所により解決できた医療過誤事件の例
以下は,受任事件中,調査から示談または訴訟提起に進み,その後患者さんまたは御遺族が権利実現できた事件です。
 診療科  件数  解決事例
小児科 ◆未熟児である新生児の気管内挿管が外れた後の研修医による再挿管が失敗であることが見過ごされ,児が低酸素性脳症になった事例。◆幼児の腕の点滴漏れにより,腕に瘢痕が残った事例
 産婦人科  8  ◆帝王切開の遅れにより,双子の1児死亡後,他児が脳性麻痺となった事例。◆破水,陣痛開始後の分娩が遅れたため,新生児が脳性麻痺となった事例。◆VBACの経過観察不十分により,帝王切開手術の開始が遅れ,新生児が脳性麻痺となった事例◆婦人科手術を腹腔鏡手術にて行ったが,その失敗により患者が腹膜炎となり,重篤な後遺症が残った事例。
 脳神経外科  3  ◆脳動脈瘤クリッピング手術の失敗により脳梗塞を発症したが,その診断が遅れ,患者が死亡した事例。◆水頭症の児の脳圧亢進が誤診され,視神経の圧迫が続き,失明した事例。◆未破裂脳動脈瘤が読影されず,患者が自宅で脳動脈瘤破裂により死亡した事例
 整形外科  3  ◆開放骨折手術後の抗生剤の投与が不適切であったため,患者が骨髄炎にり患した事例。◆上腕骨折治療に大腿部骨折治療用の金属が使用されたため,偽関節となった事例。◆抗生剤によるアナフィラキシーショックの対応が遅れて死亡した事例
形成外科 手指の先端を機械により切断した患者の指の再接着に失敗した事例
 美容外科  11  ◆脂肪吸引手術後,肺塞栓となり死亡した事例。◆脂肪吸引手術後臀部・大腿部等に凹凸が残った事例。◆眼瞼手術を繰り返した結果,瘢痕が残った事例。◆リフトアップ手術に際し,説明義務違反が認められた事例
 一般内科  2  ◆麻酔を用いた心機能検査中,舌根沈下により低酸素性脳症となり死亡した事例。◆漢方薬の副作用により間質性肺炎にり患して死亡した事例
 消化器内科  3  ◆腸穿孔が心筋梗塞と誤診され,患者が死亡した事例。◆急性膵炎に対して正しい治療がなされなかったため,患者が死亡した事例。◆ERCP検査の後急性膵炎を発症した患者に対し,見るべき治療がなされなかったため,患者が死亡した事例
一般外科 入院中に患者の下腿部が低温火傷の傷を負い,皮膚移植が必要となった事例
消化器外科 ◆胃癌手術後,術後肺炎を発症して,患者が死亡した事例。◆結腸癌摘出時に誤った血管を切除した結果小腸が壊死し,患者に短腸症候群の後遺症が残った事例
泌尿器科  3  ◆腎生検の失敗に続き,適応のない摘出手術を行った結果,患者が死亡した事例。◆前立腺癌の診断をせずに治療を続け,癌の治療開始が数か月遅れた事例
耳鼻科 ◆耳鼻科手術の際顔面神経を傷つけ,後遺症が残った事例。◆帯状疱疹により顔面麻痺が出たので,入院して点滴治療中,点滴針を刺入する際に点滴針が腕の神経に触れ,反射性交感神経萎縮症の後遺症が残った事例
 歯科  1  ◆親不知の抜歯に時間を要した結果,患者が感染症を発症した事例。
  献血事故  1  ◆献血ルームで献血した際,注射針が正中神経に接触し,神経症状の後遺症が残った事例。